トップページ » きずなの会

ごあいさつ

理事長 西山富夫

  • 理事長 油田弘佑

益々顕著になります少子高齢化は、さまざまな問題を抱えています。特に身寄りがない方の場合、アパート入居・病院への入院・施設入所の身元保証人不在、老後の財産やお墓の管理など、悩みは深刻です。こうした問題を解決するため、大学教授・弁護士・司法書士・お寺の住職などを含めた市民が集まり、行政や専門関係者とともに活動をしようと、2001年9月にNPO法人きずなの会を設立しました。

法人設立以来、きずなの会は、身寄りがない高齢者や障害者の方、身寄りがあっても頼みにくい方たちの万一の時に「家族の代わりになって」支援することを目的として、幅広く活動しています。

しかしながら、きずなの会はあくまでNPO法人であり、医療や福祉関係の専門化の集団ではありません。そこで、病院のケースワーカー・行政・福祉関係者・ケアマネジャーの方々に広く呼びかけ、「専門家のための事例セミナー」を行い、より適切な支援提供のための研究・研修活動にも取り組んでおります。

これからも、あらゆる専門家のみなさまと協働して、深刻化する問題を解決するための努力をしていきたいと考えております。


きずなの会静岡 顧問より

理事長 西山富夫

  • 顧問 山崎道生

血縁や地縁的きずなが失われつつある社会の中で孤立した高齢者や障害者は不安な思いで暮らしています。私は民生委員活動の中で「新しいきずな」を結ぶ取り組みの必要性を痛感して、高齢者支援組織の「NPO法人きずなの会」の静岡事務所を設立、2009年1月に開設説明会を開催しました。その後、地道な活動を展開してきましたが、多くの方に支えれたおかげで、この三年間で想定を超える100人以上の方が会員になられました。

身元保証、生活支援、葬送支援など、スタッフの支援活動を通して会員に老後を安心して暮らしていただくとともに、サロンや静岡通信を通して会員がお互いに交流し、新たなきずなが築かれるよう心がけています。きずなの会静岡は藤枝霊園に専用のお墓を用意してあります。同じ墓に入る「ハカトモ」こそ「真の友」つまり「新しいきずな」の象徴であると私は思います。

また、NPO法人きずなの会静岡は行政や、施設、病院等の協力を得て高齢者フォーラムやシンポジウムを開催し、高齢期に必要な各種情報を整理して提供するなど、会員のみならず地域の高齢者や障害者に安心を得て頂けるよう活動も展開しています。

今後も地域の高齢者、障害者の皆さんに安心して暮らして頂けるように支援の取り組みに尽力して行くつもりです。


きずなの会静岡 所長より

所長 石川真奈美

  • 所長 石川真奈美

山崎前所長が「きずなの会静岡」の顧問となられ、新しく私が所長に任命されました。三年間で築かれた「きずなの会静岡」の土台の上にしっかり足を踏まえ、これを継承し発展させることが自分に与えられた責務と思っています。「支援のためにはまず己の利を捨てよ。」との前所長の教えを実践できるよう支援のたびに常に努めてまいりました。さらに自分を磨いて組織運営に生かしていきたいと思います。会員に対しては自分の父母に対するつもりで心温かく接してまいりたいと思っています。会員の皆さんやスタッフと一緒になって「きずなの会静岡」をさらにより良いものに発展させるように取り組んで行きます。


所在地


〒422-8062 静岡市駿河区稲川3-1-24内山ビル2階

事務所
  • 〒422-8062 静岡市駿河区稲川3-1-24内山ビル2階
  • TEL:054-654-5070FAX:054-654-5071
ページの先頭へ